ヘッドフォン難聴その4

オープンエア型のヘッドフォンは、静かな部屋でヘッドフォンを使い、音楽
を聞きながらも、通常の会話ができるレベルでなければなりません。このレ
ベルで使用することが安全なのですが、外で使うと、どうしても大きなレベ
ルになってしまいます。
クローズド型ヘッドフォンの場合、片方のヘッドフォンを外して、そちら側
から聞こえる、会話の声と、ヘッドフォンの音の大きさを比較すると言う方
法もお勧めです。
ウォークマン型では、とかく、騒音の多い外で聞くケースが多いのですが、
可能でしたら、密閉型のヘッドフォンを使い、外の騒音をカットすることが
お勧めです。それなら、大音量になることはないでしょうが、外の音が聞こ
えにくいので交通には十分、気をつけなければなりません。
オープンエア型ですと、周辺の音も聞こえてしまうため、音楽のボリューム
を上げるようになってしまいます。どちらにしろ、ヘッドフォンで長時間、
聞くことは聴覚疲労につながるため、好ましいことではないでしょう。
では、このヘッドフォン難聴にならないためには、どのような予防が行える
のでしょうか。

日頃の心がけ次第では、難聴の症状が現れることを防ぐことが出来ますので、
ヘッドフォンを使って音楽を聴くことが多い方は、ポイントを抑えて予防し
ておきたいものです。
まず、ヘッドフォン難聴は、ヘッドフォン、長時間、大音量、この三つの要
素が原因となっています。ですから、これらの要素を取り除いてあげること
が予防となります。
ヘッドフォン難聴その4