ヘッドフォン難聴その2

ヘッドフォンで音楽を聴くという習慣ですが、考えてみれば、そもそも、耳
にとって負担をかけていることなのです。
ヘッドフォンを使うため、耳から、とても近い距離で音が鳴り続けているわ
けです。普通の生活で、このように近くで大音量が鳴ることは、ありえない
ことですよね。大音量が続けば、耳への負担も相当、大きいものだと考えら
れます。
このような状態が続くと、年齢が若くても難聴になりやすく、最近では、ヘ
ッドフォンによる難聴、「ヘッドフォン難聴」と呼ばれる病気が出てきまし
た。ヘッドフォン難聴は、そのダメージが、日々、蓄積されるので、本人が
知らず知らずのうちに進行してしまいます。
ヘッドフォンで大きな音を聞き続けているため、耳や中の神経がダメージを
受け続けて、本来の機能を維持できなくなってしまいます。ヘッドフォン難
聴は、その結果、聴力が低下してしまう病気です。
「音響性難聴」と呼ばれることもあり、音楽関係で仕事柄、ヘッドフォンを
付けて長時間、音を聴いている人にも起こります。音量が大きかったり、周
波数が高かったりすると、難聴になるリスクがどんどん高まります。

ヘッドフォン難聴や、音響性難聴は、一度、悪化してしまうと、その後、あ
わてて治療を行っても、元の状態に戻すことが困難です。ですから、残念な
がら、このようなことが原因で聴力が下がってしまったら、そのままで、生
活していかなければならない状態です。
では、ヘッドフォン難聴の症状は、どのように起こってくるもので、どのよ
うに気が付くのでしょうか。
ヘッドフォン難聴その2