難聴と補聴器その1

みなさんは、耳の聞こえが悪くなったら、どのような対処を行いますか?
病院で診てもらう方もいらっしゃるでしょうし、中には、年のせいだと諦め
る方もいらっしゃると思います。また、騒音の中で仕事をしている方は、「仕
事のせいだ」と諦める方も多いと思います。ですが、人の声が聞こえづらい
と、会話も成り立たないですし、大切なことも聞き逃してしまうこともあり、
日常生活に支障が出ますよね。
そこで、耳の聞こえが悪くなった方たちが、思いつく対策としては、やはり、
補聴器でしょう。難聴と言うものは、進行によっては、治療を行っても、残
念ながら、症状が元通りに完治しないものが多いです。そんな中、補聴器を
使って、難聴を助けるという手段は、とても有効だと思います。
ですが、難聴の種類によっては、補聴器が役に立たないと言うケースもあり、
特に、感音性難聴の方は、補聴器を付けても、話が聞き取れるようにならな
いことが多いです。
せっかく、補聴器を使っても、結局、何を言っているか分からないような状
態になります。ですから、高額な補聴器を買って使っても、難聴の種類によ
っては、相手の言葉が聞き分けられないので、結果的に、会話が困難になる

でしょう。
また、伝音性難聴の場合は、補聴器でも少しは会話の聞き取りを補えること
が多いですが、万全とはいえません。難聴になってしまったら、すぐに、補
聴器を使えば、それで解決するというような、単純なことではないのです。
難聴と補聴器

難聴と補聴器その2

補聴器を購入する費用もかかりますし、使用する煩わしさや、面倒も感じる
でしょうし、その上、聞こえ方の悪さもあるでしょう。音が聞こえづらいか
ら、補聴器を使おうと思っている方は、まず、自分の難聴が、どのような原
因に分類されているのか、それを知ることが重要です。
難聴は、感音性、伝音性、突発性、老人性などに、分類されますので、自分
の症状がどれに属するか、それによって補聴器が有効か、どうか、決まって
くるでしょう。聞こえづらくなったからと言って、すぐに補聴器を購入する
ことのないようにしたいですね。
音は聞こえているが、その中身が分かりづらいと言う症状の感音性難聴は、
補聴器を使用したとしても、状態を改善することは難しいです。補聴器を使
っても、会話の内容がわからず、相手が何を言っているのか理解できないこ
とが多いです。
また、大きな音ではないと聞こえない難聴が、伝音性難聴です。症状が重く
なると、大音量でやっと察知することができます。症状が軽度や中度であれ
ば、極端に困らないので、補聴器がなくても普段の生活を送れるケースが多
いです。重度の場合は、補聴器が活躍します。補聴器を使用すれば、よく聞

こえるようになるので、伝音性難聴の方でしたら、補聴器が有効になるケー
スが多いです。
それから、感音性難聴は、補聴器で劇的な改善は望めないことが多いです。
片側の耳だけに症状が出ることが多い、突発性難聴ですから、もうひとつの
耳によって音を聞き分けられます。
難聴と補聴器

難聴と補聴器その3

両方の聴力が同時に落ちるようなほかの難聴のケースに比べたら、感音性難
聴は、片方だけですから、不便さも違ってくるでしょう。また、加齢によっ
て発症する老人性難聴ですが、このケースが補聴器を使うと言うイメージが
ありますよね。
それは、補聴器のコマーシャルや広告が、そのようなイメージを作ってある
からです。おじいちゃんや、おばあちゃんが補聴器を使って、声がよく聞こ
えるようになった、と言うようなコマーシャル作りがされています。ですか
ら、見た側は、補聴器を使うと、高齢者でも、良く耳が聞こえるようになる
という商品イメージを持っていると思います。
ですが、コマーシャルに出てくるように、老人性難聴の方が、すべて、補聴
器を使えば、症状が改善できるということはありません。特に高齢者におい
ては、器具の操作もなかなか慣れないため、補聴器を使いたくても上手に使
いこなすことができないのが現状です。
使用がわずらわしく感じたり、面倒に感じたりする方も多く、さらに、補聴
器自体、高額なものもありますので、なかなか手が出ない方も多いと思いま
すが、最近の補聴器はどんどん進化してきて、値段も下がってきていますか

ら、品物によっては、使い勝手は良くなっているので、一度、試してみる価
値はあるでしょうね。
特に、難聴でも老人性の場合は、加齢で起きている症状ですので、病院に行
っても、耳の聞こえの状態が大きく改善することは考えられません。耳鼻科
に行って見てもらっても、補聴器を進められることが多いです。補聴器も、
種類が豊富で、値段もマチマチなので、医師から選び方など、アドバイスを
受けておくと安心できますね。
難聴と補聴器

難聴と補聴器その4

ご紹介してきましたように、補聴器は、難聴の方を助ける器具ではあります
が、すべての難聴の方が、補聴器で解決するわけではないということを覚え
て置きましょう。
お年寄りには補聴器を贈ってあげると喜ばれるということは、すべての方が
該当するわけではないのです。みなさんの中には、敬老の日におじいちゃん、
おばあちゃんに補聴器をプレゼントしたいと思っている方もいらっしゃる
でしょうが、症状によってはそれで改善しないケースもあるのです。
そもそもの補聴器のイメージについてですが、多くの方が「耳が遠くなった
時に頼れる、とても便利な器具」と思っているような気がします。もちろん、
症状によっては、明瞭に会話を聞き取れるようになるケースもありますが、
せっかく補聴器をつけても、理解しづらいままであるケースも多いのが事実
です。
補聴器で改善できると病院で勧められた場合は、試してみることもよいです
ね。補聴器の購入を検討する場合、実際に販売店を訪れて、品物を使って試
してみることも良いでしょう。ですが、補聴器に対して何も知識がない状態
で、ショップに行けば、高額なものを勧められてしまうこともあります。

そんな際は、病院の先生に、勧められた機種などがあれば、こちらのペース
で話を進めることも出来ますよね。受診した際は、医師のアドバイスをもら
っておくことをお勧めします。高齢者の場合は、ご家族が付いてきてくれる
と安心ですよね。
難聴と補聴器

おススメするリンクはこちら